オルソケラトロジーレンズのパイオニア アルファコーポレーション

オルソケラトロジーについてabout Orthokeratology

他の矯正方法との違い

角膜形状を矯正し日中の
視力改善を行う、
夜だけつけるコンタクト。
今までにない
新発想の近視矯正方法です。

近視矯正の種類

オルソケラトロジー
  • 特殊なデザインのコンタクトレンズを使用
  • 角膜自体の屈折度を変化させるという原理においては、レーシックと同様
  • レーシックのような手術ではないので、使用をやめれば元に戻る =『復元性』
コンタクトレンズ(視力矯正用)
  • 視力補正用器具を使用
めがね
  • 視力補正用器具を使用
レーシック
  • 視手術により角膜自体の形状を変える

使用方法・矯正方法

オルソケラトロジー
  • 就寝時に中心部が平らになったレンズを装用。角膜の前面形状をやや平らに変化させ、近視を矯正する。
  • 日中はレンズを装用しない。
コンタクトレンズ(視力矯正用)
  • 朝起きてから角膜上にレンズを装用して近視を矯正。つけたまま寝ることが出来るレンズ(連続装用タイプ)もあるが、寝る前にはずすのが一般的。
めがね
  • 必要に応じて使用する。
レーシック
  • レーザーで角膜を切除して屈折度を変える屈折矯正手術。

長所・短所

  長所 短所
オルソケラトロジー
  • 朝起きてから夜寝るまで裸眼で過ごせる。
  • 装用をやめれば、眼を元の状態に戻せる。
  • 年齢による視力の変化にも対応できる。
  • 就寝時だけとはいえ、継続的に装用する必要がある。
  • レンズケアが必要。
  • 定期的に検査を受ける必要がある。
  • 適切に装用しない場合、感染症などのリスクがある。
  • 近視の程度や眼の状態によっては適応できない。
コンタクトレンズ
(視力矯正用)
  • メガネより視野が広い。
  • スポーツをする時など、めがねによる煩わしさがない。
  • 日中レンズを装用することで、乾燥感・異物感が気になる。
  • 定期的に検査を受ける必要がある。
  • 適切に装用しない場合、感染症などのリスクがある。
  • レンズケアが必要。(ワンデータイプを除く)
めがね
  • 取り扱い、着脱が簡単。
  • 感染症などの眼障害のリスクがない。
  • 視野がせまい。
  • スポーツのときなどに不便。
レーシック
  • 常に裸眼で過ごすことが出来る。
  • 一度手術したら眼を元の状態に戻せない。
  • 老眼など、視力の変化に対応できない。
  • 手術の失敗や感染症のリスクがある。
  • 近視の程度や眼の状態によっては適応できない。

オルソケラトロジーに関するお問い合わせはこちらから

0120-080-636

受付時間 平日 9:00~18:00

メールでのお問い合わせはこちら